カメラを持っていると、色々なものが目についてシャッターを切りたくなりますよね。1日に数百枚も撮影することも珍しいことではありません。そんな撮影枚数が多い人の悩みの種が「データの整理」。お気に入りの一枚をすぐに取り出したいのに探し出せず、仲間に自慢することもなく埋もれさせてしまうこともありますよね。

そんな時、写真にラベルが付けられたら探すのも簡単になりますよね。マイポケットには任意のキーワードを手動で入力し、ラベルを付けることができますし、自動でラベルをつけてくれる「自動分類」機能も備えているので便利です。

この「自動分類」と「ラベル」を使えば、たくさんの写真データをスマートに整理でき、今まで悩まされていた、撮影後の面倒なデータ整理がかんたんに行えます。そこで今回はこの「自動分類」機能とラベル機能の使い方や使う上でアドバイスをお届けします。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

整理や検索が手間いらず!
アップロードするだけで画像データに
自動でラベルがつく「自動分類」機能

マイポケットの「自動分類」機能は、煩雑になりがちな画像データを自動的に分類してくれる便利な機能です。操作は特に必要なく、画像データをマイポケットにアップロードすれば、アップしたデータに自動で撮影年度と、GPS機能がついたカメラを使っていれば撮影場所のラベルが追加されます。カメラの種類によっては、撮影時間やGPSの記録などがデフォルトではOFFになっている場合があるため、ラベルがうまく付かない時は、カメラの設定を確認してみましょう。

スマートフォンやタブレットのマイポケットアプリからなら、撮影日をもとにカレンダー形式で画像を表示することもでき、「いつ頃どんな写真を撮ったか」が一目瞭然です。また、撮影場所の情報ごとに、撮影場所に紐付いた写真を表示することも可能です。画像をアップするたびに、地図上に撮影ポイントが増えていくので、撮影場所の記録にもなります。旅先の思い出もよみがえってきますね。

これまで写真を撮りっぱなし、データをパソコンに取り込みっぱなしになっていた方も、手間をかけずに簡単な写真の整理ができます。まずはマイポケットに写真をアップロードしてみましょう。

マイポケットの自動分類機能の表示画面

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

「ベストショット」「家族旅行」「サークル」など
ラベルは、いくつでも自由に好きなだけ付けられる!

マイポケットでは、アップロードすると自動で追加されるラベルのほかに、手動でオリジナルのラベルを追加できます。撮影した写真の内容や、撮った日のイベント、写真のクオリティ(お気に入り度)などでラベルを用意しておくと、目的の写真を検索する時に便利です。また、映っている人物のラベルを付けておけば、特定の人物が映った写真を一覧表示できます。お子さんやお孫さんのラベルで一覧表示すれば、成長の過程を写真で簡単に振り返ることもできます。

ラベルは一度作成すれば、他の写真にも使用できます。既存のラベルを別の写真に追加したい場合、ラベル一覧の中から目的のラベルを選択するだけ。手軽に、かつ細かく写真を整理できるラベル機能で効率的に写真を管理できます。

マイポケットで「ラベル」を追加してみましょう

マイポケットに写真をアップロードする方法

まず、カメラから取り込んだお好きな写真をマイポケットにアップロードします。パソコンからならフォルダごとホーム画面にドラッグ&ドロップするだけで、写真がアップロードできます。


マイポケットにアップロードしたフォト・ファイル一覧のストックフォルダ

フォトやファイル一覧のストックフォルダから、ラベルを付けたい写真を選択しましょう。


マイポケットのプレビューページ

プレビューページが表示されるので、上メニューの[詳細]をクリックします。


マイポケットのストックフォルダで、チェックボックスをクリックする

複数の写真に同じラベルを付けたい時には、フォトやファイル一覧のストックフォルダで、好きな写真のチェックボックスをクリックして選択。黄色いチェックマークを確認したら、右上にある[詳細]をクリックしてください。


マイポケットのファイル情報編集

「ファイル情報編集」画面が開きます。ラベル欄に付けたいラベル名を入力、または[現在登録中のラベルリストを表示]から既存のラベルを選んで、[保存]ボタンをクリックしましょう。


「ラベル」から写真を検索

マイポケットのラベルから写真を検索する方法

サイドバーの[ラベル]をクリックします。使用されているラベルが一覧で表示されます。ラベルを選択すれば、そのラベルが付いた写真のみが右側に表示されます。


スマホやタブレットからマイポケットのラベル機能を使用する方法

また、スマホやタブレットのアプリからでもラベルの追加や検索が可能です。ちょっと手の空いた時でも、スマホから写真整理ができるので、ぜひご活用ください。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

この分類が便利!
おすすめの「ラベル」のつけ方

写真の整理に便利なラベル。ラベルの付け方ひとつで、写真データの検索がぐっとスムーズになります。ここでは、おすすめの便利なラベルの付け方をご紹介しましょう。

ラベルは1つの写真に複数付2〜3個付けておくと、探す際に絞り込みがうまくいきます。

おすすめのラベル例

ラベル内容 メリット ラベル例
撮影した写真の内容 撮影した日付と撮影場所がわかっていても、具体的に何を撮影したか忘れることも多いでしょう。また、1箇所で数種類の写真を撮影することもしばしば。そこで、内容のラベルを追加し、何を撮ったかひと目で分かるようにしましょう。 登山、百名山、春の花、夕焼け、集合写真、ポートレイト
撮った日のイベント 日付と手帳を照らし合わせなくても、その日に何が行われたか分かるようになります。 同窓会、社員旅行、運動会、花火大会
写真のクオリティ 他の写真と区別できるように、お気に入りの写真に追加する、特別なラベルの作成をおすすめします。 ベストショット、お気に入り、★★★(星の数をラベルに)
撮影した人 家族と共同で、1台のデジカメを使用している場合に便利。誰の撮影した写真かをひと目で判断できるように、撮影者の名前をラベルで追加しておくのも1つの方法です。 撮影父、撮影母

また、スマホ・タブレットのマイポケットアプリには「顔認識」機能もあります。あらかじめ自動分類したい人を登録しておくと、アップロードされた写真から、個々の顔を識別し、自動で分類してくれます。家族や友人を登録しておけば、簡単に人物別で写真を表示できるようになります。

顔認識を利用するための人物登録の手順

マイポケットで顔認識を利用する為の人物登録の手順

登録したい写真を選択して、プレビュー画面の右上[メニュー]ボタンを押します。下にメニューが表示されるので、[人物]から[人物登録]を選択してください。人の顔が自動的に認識されて、写真に白枠が表示されます。登録したい人物の顔を選択すると、名前の入力画面になりますので、好きな名前を入力して[作成]をタップしてください。

自動&オリジナル分類で、検索が簡単画像の保存は
マイポケットがおすすめ!

マイポケットの「自動分類」や「ラベル」を利用すれば、簡単に画像データが整理できます。しかし大切なのは、こまめにラベルを付けること。画像をアップロードすれば、自動分類機能で撮影年度と撮影場所のラベルは追加できますが、あまりに画像が多くなってしまうと、ラベルを付けるにも時間がかかります。

できれば月に一度は、デジカメのデータをパソコンに移し、そのタイミングでマイポケットへのアップロードを行いましょう。その都度こまめにラベルをつけるよう習慣づければ、あとからラベルをつける手間も減って、日頃の写真整理がスムーズになりますよ。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」