私たちの生活に身近な「クラウド」。データやアプリケーションをクラウド上に置くことで、時間や場所に縛られることなく、メールをはじめとする幅広いサービスを利用できるようになりました。

NTTコミュニケーションズのマイポケットは、写真や動画、資料などのデータを保存しておける場所をクラウド上で提供している、まさにクラウドサービスの代表的なスタイルといえます。

第一回に引き続き、マイポケットの技術開発に携わっているエンジニアのお二人に、マイポケットの詳しいしくみや、これからへの想いを聞いてみました。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

NTTコミュニケーションズ株式会社 マイポケットサービス企画開発 桝田 吉寛(マスダ ヨシヒロ)主査、NTTコミュニケーションズ株式会社 マイポケットサービス基盤開発 遠藤 雅和(エンドウマサカズ)主査

マイポケットが預かる160万人
のお客さまのデータ。その保存先はどこに?

—「クラウド上にあるデータ」と言いますが、実際にはどこに保存されているのですか? 

桝田 クラウドというとネットワーク上にデータがあるだけで、物理的なモノはどこにもないようにイメージされるかもしれませんね。ところがそうではなくて、実際にはちゃんと実体があります。

お客さまがマイポケットのクラウド上にアップロードしたデータは、すべて「データセンター」という施設に保存されています。「大量のハードディスクがぎっしり収容されている大きな建物」を想像していただくといいと思います。

実際のデータセンターにはハードディスクがあるだけではなく、アプリケーションを実行するコンピューターも設置してあるのですが、とにかく「データをたくさん記録できる装置が集まっている場所」と理解していだいて間違いありません。

マイポケットのクラウドにアップしたら、専用のデータセンターに保存される。

—なるほど、クラウドと言っても本物の雲のように実体が定まらないものではなく、アップロードされた大量データは専用の大きな施設で保存されているのですね。

わたしたちが普段使っているパソコンや携帯電話のメモリ、SDカードなどのデータ記録媒体は保存容量が決まっていますが、データセンターの保存容量にも上限はあるのでしょうか?

桝田 もちろんデータセンターにあるハードディスクも容量は決まっています。しかしお客さまの保有するデータの容量は大きくなる一方ですから、その実態に合わせて、ハードディスクの数を増やしたり、ハードディスク自体を大容量化したりといった進化を続けているんですよ。

10年ほど前にマイポケットがスタートした頃は、1IDあたりの最大保存容量は1GBでした。それが現在は128GB、128倍になっているわけです。特にここ数年は、デジカメの高画質化、動画データの増加、スマホの普及による写真撮影枚数の増加などで、わたしたち一人ひとりが扱うデータ量そのものが右肩上がりで増えてきました。ですから、クラウドに保存できる容量はこれからも増やし続けていかなければいけません。

—マイポケットのお客さまは160万人以上…。今マイポケットのクラウドに保存されているデータの総量は、天文学的な数字になりますね!

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

グローバル統一基準に基づく信頼性の高いデータセンターでしっかりお預かり

—マイポケットにはお客さまの写真や動画など大切なデータがたくさんアップロードされていますが、それらのデータを破損や不正アクセスといった様々な脅威から守るために、どのような対策をおこなっているのですか?

NTTコミュニケーションズの遠藤雅和主査がマイポケットを説明している。

遠藤 クラウド上のデータを出し入れする際の通信に関しては、ウェブブラウザでもアプリでも、通信を安全に行うHTTPSという暗号化を施しています。そして、お客さまからお預かりしたすべてのデータは、国際的なセキュリティ基準を満たしたNTTコミュニケーションズのデータセンターにあるサーバで大切に保管しています。

—世界統一基準に基づく信頼性の高いデータセンターに守られているんですね!

ところで、データセンターのサーバも形のあるものなので、壊れてしまうことがあるのではないでしょうか?そうしたリスクに対してはどの様に備えているのですか?

遠藤 確かに、データセンターで採用しているサーバといえども壊れてしまう可能性はあります。そんな時のために、少し技術的な話になりますが、RAID6という、ディスクの一部が故障をしてもデータを守ることができる構造のサーバに保存しています。さらに、お客さまがマイポケットにアップロードなさった1つのデータを自動的に3台のサーバにコピーして多重化して保管することで、万が一どれか1つのデータが破損したとしても、他の場所に保存されたデータから復元ができる仕組みになっています。

—なるほど。データを1箇所に集約させないことで、安全性を高めているのですね。

アップロードしたデータは3つ以上にコピーされて保管される!

遠藤 そうです。ご家族の思い出の写真や動画などの大切なデータは、パソコンや携帯電話本体だけでなく外部のハードディスクなどに定期的にバックアップするのはもちろんですが、さらに安全性を高めるために、マイポケットなどのクラウドサービスをご活用されることをおすすめします。利便性も上がり、預けたデータの活用の幅も広がるかと思います。また、マイポケットではお客さまサポートも充実しており、電話による利用方法のお問い合わせも受け付けておりますので、初心者の方でも安心してご利用いただけます。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

誕生から10年。「一生分のデータを、
見たい時に見られる」サービスを目指して

—時代の変化にあわせ、マイポケットのクラウド上に保存できるデータ容量もどんどん大きくなってきたことを伺いましたが、他に今後充実させていきたいのはどんなことですか?

桝田 数年前まではマイポケットはパソコンにあるデータの一部をクラウドに保存しておくだけ、といった使い方がメインでした。が、近年は気軽に撮った写真や動画をスマホやタブレットからマイポケットに保存する使い方が増えてきました。こうしたデータは、SNSに投稿したり、後で加工したりと、ただ保存しておくだけではない活用のされ方が目立ってきています。

スマホを両手で持ち、操作している様子。

そうしたニーズの変化に応えるべく、マイポケットではクラウド上に保存した写真の「自動分類機能」や、つい先日公開した「フォトストーリー」と いった、写真を楽しむための機能の拡充にも力を入れています。

スマホによってさらに身近になった写真や動画を、より使いやすく、より楽しんでいただくためのプラットフォームとして、マイポケットを進化させていきたいと考えています。

遠藤 マイポケットの開発にあたっての私の想いは、「人生の写真を全部ためておけるサービス」を目指すことです。クラウド上に日々の写真や動画などが自動的に蓄積されていき、何十年経ってもすぐにあの時の「思い出」にアクセスできる。一生分の思い出にあたるデータを確実にお預かりして、いつでも見たい時に見られるような、末永くご愛用いただけるクラウドサービスにしていきたいですね。そのためには、時代とともに変わるお客さまのニーズや技術の進化にも素早く対応して、常に進化を続けていかなければいけないと思っています。

—デジカメが一般的になってから10年と少しですが、一人の人が撮影する写真や動画の増え方はスゴイものがあります。これから先もどんどん増えていく、そういったかけがえのないデータを安心して預けておける場所がある。それはとても心強いことですね。

NTTコミュニケーションズの桝田吉寛主査がマイポケットを説明している。

桝田 写真というのは、思い出そのものなんですよね。東日本大震災の時、あるお客さまから、「家が被災して、家族の写真もすべてなくしてしまったけれど、“マイポケット”のクラウドにアップロードしていた写真データが残ったのはありがたかった」という、感謝のメッセージをいただいたことがありました。マイポケットがその方の大切な「思い出」を守ることに貢献できたのがうれしかったですし、あらためてデータをお預かりするサービスの提供者としての責任を感じました。

また、使いやすさもとても大事な要素です。多くのお客さまに使っていただいているサービスだからこそ、信頼性や安全性の確保を大前提としながら、一人でも多くの方に、少しでも簡単・気軽にお使いいただけることを目指して、機能や操作方法の改善をいつも考えています。

●「マイポケット」活用ワザ

開発担当者おすすめの“使えるワザ”を教えていただきました。みなさんもぜひ試してみてください。

新技術の登場でどんどん変わっていくデジタルデータの記録形式。これは動画で特に顕著で、古い形式になるとスマホで直接再生できないのはもちろん、パソコンで再生しようとしても対応ビューアーを探すのに一苦労、といった経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな時は、マイポケットにその動画を保存してみてください。かなり古い動画フォーマットも再生できるようにしていますので、「スマホにしたら見られなくなった」「パソコンを買い替えたら見られなくなった」といった動画も再生できるかもしれません。既に気づかずに使っている方もいるかもしれないくらい、地味な機能ですが、これ使えますよ。(遠藤)

クラウドのメリットをフルに活かしたマイポケット。その信頼性やこれまでの進化、これからの展望について聞いてきました。なんだか難しそうだった“クラウド”という概念も、少しだけ身近に感じていただけたでしょうか。これからも進化を続けるマイポケットで、あなたも最先端のクラウドサービスを体験してみませんか。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」