結婚式や入学式、卒業式などの特別な日の記念に、みんなで写真を撮るときは、「キレイに写真を撮って、残しておかなきゃ!」という気持ちも強くなりますよね。
一方で、撮った写真をあとで見返して、「思ったよりイケてない……」とガッカリした経験がある方も多いのではないでしょうか。

ご家族や友達との大切な瞬間をキレイな表情で残すため、プロのカメラマンさんに、自然光を使った人物撮影テクニックを教えてもらいました!

※画像は全てイメージです。カメラマンさんとの関係はありません。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

プロが教える人物写真 撮影術 その1
「撮影前の準備で、写真が見違えるほど良くなる!」

人物写真を美しく残したいなら、忘れてはいけないのが「下準備」です。写真を撮り始める際は、すぐに撮り始めるのではなく、撮影前の下準備として、撮影場所の状況を確認することが重要です。撮影場所のセレクト、太陽の位置、光のさす方向のチェックなどを行い、撮りたい写真のイメージを固めておきます。

そして人物写真を撮影する前に特に確認したいのは、太陽光の向き。撮影したい(できる)場所が決まったら、その場所で、光がどのように差し込んでいるかが重要になってきます。

光の向きは大きく分けて3つ。

①順光

①順光

②斜光

②斜光

③逆光

③逆光

これらの光の状況に合わせた撮影方法を押さえれば、格段にいい写真が撮れます。逆に、光の向きを気にせずに撮影すると、人物が暗くなってしまったり、背景が白く飛んでしまったり、失敗の原因に……!
そんな失敗を避けるために、ここからは順光・斜光・逆光についての説明と、それぞれの光の向きに適した撮影方法を解説していきます。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

プロが教える人物写真 撮影術 その2
「キホンの順光」

順光とは、被写体の正面から光が当たっている状態のこと。撮影者の後ろに太陽があるイメージです。
被写体の体の正面に、全体的に光が当たるので、はっきりとした人物写真が撮れます。一方で、影があまり出ないため、立体感が出づらいという面もあります。

〈撮影時に注意したいこと!〉

  • 自分の影に注意!

    太陽を背にしているため、時間帯によっては撮影者の影が写真に写り込んでしまうことがあります。液晶画面の下に不自然な影が入っていたら、アングルを調整しましょう。

  • スマホでの明るさ調整

    スマホでの撮影は基本的にフルオートで、写真の明るさは自動で設定されます。
    高性能な顔認識機能があるため、うまく撮れないことは滅多にありませんが、被写体と背景の明るさの差が大きいと、失敗してしまうことがあります。そんな場合は、カメラの露出補正で明るさを調整すると良いでしょう。

プロが教える人物写真 撮影術 その3
「臨場感の斜光」

斜光は、被写体の横から光が当たっている状態です。明るい部分と暗い部分の差がはっきり出るので、写真に立体感が生まれます。

〈撮影時に注意したいこと!〉

  • 顔の一部が暗くなることも!

    光の方向によって、顔のサイドなどが暗くなることがあります。プロの撮影では、影になっている方向にA4(もしくはA3)サイズの白い紙や、「レフ板」という反射板を立てて、光を反射させ、影の暗さをやわらげるテクニックを使います。レフ板は携帯しやすいので持っておくと便利ですが、白い紙やノート、便せんなどで代用できます。紙をかざす角度によって影の大きさが変わるので、紙を動かしながら、ベストな位置を探しましょう。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

プロが教える人物写真 撮影術 その4
「インパクトの逆光」

つい「逆光=失敗写真」のようなイメージを持ってしまいますが、撮り方さえおさえておけば、立体感のある「人物写真」を撮ることができます。

〈撮影時に注意したいこと!〉

  • 普通に撮ると被写体が暗くなる・・・

    太陽などの光源を背景にして撮影すると、人物が真っ暗になってしまいます。そこで活躍するのが、またしても「白い紙」です! 白い紙をカメラの手前にかざし、背後からの光を人物に反射させましょう。こうすることで、背景と人物の明るさの差が弱まり、キレイな写真になります。

  • 白くぼやける「ハレーション」も効果的に

    逆光によって、背景が明るいと、強い光によって写真が白くぼやける「ハレーション」という現象が起こることがあります。こんな時は撮影する場所や角度を調整し、ハレーションの入り方や強さをコントロールすることで、雰囲気のあるいい写真が撮れます。

ベストな「光の当たり具合」を見つけるには、まずは撮ってみることです。「ちょっと暗いな」「影が出過ぎるな」などと感じたら、今回ご紹介したテクニックを使って、どんどんシャッターを切って、自分のイメージに近い光を探してみてください。練習中の写真も、ひとつひとつが「作品」です。あとで見返してみると、けっこう味のある写真が撮れているものですよ。

たくさん人物写真を撮ったら、大容量のクラウドストレージ「マイポケット」に保存しておきましょう。 保存した写真に写っている人物の顔を自動で認識して、人物ごとに自動分類できるなど、写真の整理もカンタンです!