大切な情報がぎっしり詰まったスマホ。なくしてしまったときの対策は立てていますか?場合によっては、なくしてしまったスマホが他人の手に渡ってしまい、中に入っている大切な情報が悪用される危険性も!

そこで今回は「万が一スマホを紛失したときにとるべき行動リスト」と「いまのうちに設定しておきたいこと」、そして「おすすめの自動バックアップ法」など、スマホ紛失時の対処法や備えについてご紹介します。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

もしもの時、まずは何をする?
「スマホをなくした時」の行動リスト

スマホをなくしてしまったら、まずは落ち着いて、素早く適切な行動を取ることが大切です。しかし、“いざという時”になってから、何をすべきか調べはじめたのでは遅いのです。普段何かを調べるときに使っているスマホが手元にないわけですから、電話番号一つ検索するのも一苦労。あらかじめスマホをなくしたときにすべき行動を、把握しておきましょう。実際になくしてまったときのために、下のチェックリストを覚えておいて、冷静に対処してください。

<スマホをなくした時にやることリスト>

  • 紛失した可能性のある場所に連絡する
  • なくしたスマホに電話をかけてみる
  • スマホの機能で端末を探す
  • キャリアへ連絡して、各種サービスをストップ
  • 使用サービスのパスワード変更

①紛失した可能性のある場所に連絡する

「たぶん“あの場所”でなくした」と思い浮かぶ場合、まずはその場所へ連絡してみましょう。飲食店などならそのお店へ、電車内なら遺失物管理センターへ電話することが第一歩です。どこでなくしたのか思い浮かばなければ、警察に連絡しましょう。

②なくしたスマホに電話をかけてみる

なくしたスマホに電話をしてみるのも時には有効です。親切な人が拾ってくれた場合は、電話に出てくれる可能性もあります。ただし、公共鉄道などの職員が遺失物として拾った場合は、着信があっても出ない規則になっているところもあるそうなので注意が必要です。

③スマホの機能で端末を探す

スマホにはGPSを使った“スマホを探す”機能があります。iPhone、Androidとも、専用のWebサイトにアクセスすれば、端末のある場所を地図上で確認できます。詳しい使い方や、その他の紛失時に役立つ機能は、後半でご紹介します。

④キャリアへ連絡して、スマホの各種サービスをストップ

思い浮かぶ場所を探したけれど見つからない時には、キャリアに電話しましょう。万が一の悪用を防ぐために、おサイフケータイなどの各種サービスを停止することが必要です。どのキャリアも電話で24時間対応しているので、夜に落としても連絡できます。サービス停止前にスマホのサービスが悪用された場合には、高額請求がくるといったことも起きているので、迅速なキャリアへの連絡は必須です。

⑤使用サービスのパスワード変更

メールや通販サイトなど、よく使用しているサービスのパスワードをスマホに記憶させている場合は危険です。パソコンや別のガジェットから変更できるものは変更しておきましょう。例えば、アプリをダウンロードするときなどに使用するアカウントも、悪用を防ぐためにパスワードを変更しましょう。


スマホをなくしてしまったら・・・と考えると不安ですね。最悪の場合、電話やおサイフケータイなどの課金サービスの不正利用、自分のみならず知人・友人の電話番号やアドレスなどの情報の流出、インターネットサイトでのなりすましによる悪用など、様々な被害に巻き込まれる可能性があります。一度流出してしまった情報を取り戻すことはほぼ不可能です。被害を最小限に抑えるために、紛失に気づいたら速やかに、チェックリストを参考に行動してみてください。

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

もしもに備えて今すぐできる
紛失対応アプリの設定をONに!

スマホにはGPS機能を使って、自分の端末が今どこにあるのか表示させたり、リモートでロックをかけることができる機能が備わっています。また、悪用を防止するために、スマホのデータを遠隔で消去することもできます。これで紛失した時にも、最悪の事態を避けられます。ただし注意が必要!これらの機能を使うためには、あらかじめ設定をオンにしておく必要があります。これを機にもう一度、自分のスマホの設定を確認しておきましょう。

●iPhoneを探す

iPhoneをお使いの方は「iPhoneを探す」というアプリで、端末の位置情報を入手することができます。iPhoneだけではなく、iPad、iPod touch、または Macにも対応しているのがうれしいですね。位置情報以外にもデバイスのリモートロックや、「このiPhoneを紛失しました。見つけた方はご連絡をお願いします(電話番号)」といったカスタムメッセージをロック画面に表示するなど、紛失時に便利な機能が盛りだくさんです。

iPhoneを探すアプリの説明

●Androidデバイスマネージャー

Androidのスマホの場合は「Androidデバイスマネージャー」が便利です。WebブラウザでGoogleアカウントにログインすれば、端末の位置情報取得をはじめ、着信音をリモートで鳴らしたり、出荷時の設定にリセットし情報を保護するなど、<iPhoneを探す>とほぼ同様の機能でスマホの紛失に備えることができます。

Androidデバイスマネージャーの説明

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」

紛失に備えて大切なデータを保管
「マイポケット」の自動バックアップが便利!

「手は尽くしたけれど、結局スマホを見つけることができなかった……」という場合には新しいスマホを買いますよね。でも、当然新品のスマホには、前のスマホに保存していた写真やアドレス帳などのデータは入っていません。友達と連絡が取れなくなったり、スマホの中にあった思い出の写真が失われてしまうのはつらいですよね。

こまめにパソコンなどにデータをバックアップをとっておけば、新しいスマホのデータをある程度紛失前の状態にすることができます。ただ、手動のバックアップもこまめにするのは手間がかかるので、どうしても最新の情報はバックアップから抜け落ちがちです。

確実に最新のバックアップをとるには、マイポケットの「自動バックアップ」が便利です。アプリの起動時や、Wi-Fi接続時などに自動で写真・動画データ、アドレス帳などの重要なデータをオンライン上に移行できます。紛失時以外でも、スマホの機種変更をする際にデータを新しいスマホにそのまま移行することができて便利です。データの移し替えが面倒で機種変をためらっている方は、ぜひ活用してみて下さい。

大事なデータを簡単にバックアップ

スマホの紛失対策だけじゃない!
日々のスマホライフを充実させる
マイポケットの多彩な機能

自動バックアップ機能でスマホデータの保護に便利な「マイポケット」。でも、“使える”機能はそれだけではありません。128GBと大容量なのでたくさんのデータをアップロードできます。また、アップしたデータはスマホやパソコンなど、さまざまな端末で見ることができます。容量の小さいスマホでも、気にせずたくさんの写真・動画を撮影できるのはうれしいですね! また、アップロードした写真は、加工やSNSへの共有もラクチン。日々のスマホライフの充実と、万一の紛失・故障への備えもできるマイポケットを活用してみてはいかがでしょうか?

NTTコミュニケーションズが運営!クラウド・オンラインストレージの「マイポケット」